ネットの誹謗中傷に強い?フォックスエージェントの評判が知りたい!

このページをご覧になっている方は、誹謗中傷対策について調べたら、フォックスエージェントという会社が出てきたものの、本当に評判が良いのかと不安に思っている方もおられるでしょう。

また、他にも評判が良い会社があれば、知りたいとお考えではないでしょうか。

今回は、そのような方々のために、フォックスエージェントの評判についてはもちろん、他社と比較した情報、評判をお伝えします。また、誹謗中傷による被害の具体例も記載しますので、ぜひご参考ください。

誹謗中傷はとても大きな損害をもたらします。このページで誹謗中傷の被害ができるだけ小さくなるようにサポートできれば幸いです。

ご自身にとって最適な対策方法や依頼先を見つけましょう!

 

1.フォックスエージェントとはどのような会社?

1-1.フォックスエージェントの紹介

FOXAGENT株式会社(フォックスエージェント)は、全体の業務を一言で表すと、「WEBプロモーションをサポートしてくれる会社」です。具体的には、インターネットの風評被害の解決のためのコンサルティングや中傷被害対策、WEBマーケティング、サイト制作などを事業としています。

もともとはウェブプロモーションを中心とした事業を行っていたようなのですが、皆様がお困りの風評被害や誹謗中傷なども、解決・対策の相談にのってくれるのがフォックスエージェントです。どのような誹謗中傷対策方法があるかは、のちほど詳しく紹介します。

 

フォックスエージェントの特徴としては、完全成果報酬であることです。依頼内容が解決した段階で費用が発生します。そのため、相談だけでは、費用が発生しない点は依頼者にとって嬉しい点です。

 

問題解決までの流れとしては、以下のようになります。

① 依頼者がフォックスエージェントに誹謗中傷の相談

② コンサルタントが内容を聞き、解決方法とお見積書を提示

③ 依頼者と話し合い、具体的な解決方法を決め、契約を結ぶ

④ 解決に向け施行開始

⑤ 問題解決(成果達成)=費用発生

 

この方法であれば、施策実行中に追加の費用が発生するトラブルもなく、とても安心です。

また、依頼者にとっても嬉しいポイントはまだあります。相談の受付時間が9:00〜21:00と長く設けられています。お仕事前後の空いた時間に相談できるのは、助かります。

 

2012年に設立された会社ですが、WEBプロモーション全般を扱っているだけあり、インターネットの誹謗中傷の解決実績もあります。このような点でインターネットの誹謗中傷において、フォックスエージェントの評判が良いのでしょう。

1

 

1-2.フォックスエージェントと他社の違い・評判は?

フォックスエージェントの事業内容を紹介してきましたが、他にも誹謗中傷対策を扱っている会社はあります。そのような他の会社との違いはどんなところでしょうか。

それは、フォックスエージェントが「独自の専門技術」により、誹謗中傷の解決や対策を行っている点です。

他社の中には、相談した内容が自社ではサポートできないと判断した場合に、別の代理店に委託することがあります。しかし、フォックスエージェントでは、これまでの実績で培った技術や知識をもとに自社内で施策を行うため、代理店に委託することはありません。これにより、外部に発注する費用がなくなり、依頼者が負担する費用も抑えることができます。さらに、代理店に依頼しないということは、依頼者の個人情報を共有することもないため、個人情報保護の面でも安心できます。

 

1-3.どのくらいで効果がある?

依頼者にとって気になるのは、相談してからどのくらいで解決できるのか…ということです。誹謗中傷は時間が経てば経つほど被害が大きくなる可能性があるので、できるだけ早く解決してほしいと思うのではないでしょうか。

もちろん、相談内容によっても効果が出る時間は違います。通常は、解決(成果達成)までに約15〜90日程度かかると考えておきましょう。早い案件であれば、翌日対応することもありますので、まずは案件の内容を相談してみてはいかがでしょうか。

 

2.フォックスエージェントが掲げる、主要な誹謗中傷の解決対策方法

ではどのようにして誹謗中傷の解決や対策を行うのかを細かく話しましょう。まずはフォックスエージェントが得意な誹謗中傷対策を3つ挙げます。テクニカルな部分もありますので、勉強になる部分もあるかと思います。是非ご一読ください。

2-1. Yahoo!知恵袋SEO

特定のキーワードをYahoo!で検索した際に、検索結果ページに関連したYahoo!知恵袋の記事が表示されることがあります。これを、Yahoo!知恵袋専用枠と呼びます。みなさんも表示された経験があるのではないでしょうか。

Yahoo!知恵袋SEOとは、その枠にフォックエージェントが制作した知恵袋記事を表示させる施策です。この記事には、依頼者の希望を組み込むことができるため、何か良い情報を表示させてほしいという要望にも応えることができます。

また、誹謗中傷対策としては、誹謗中傷が書かれたYahoo!知恵袋の記事を検索結果に表示させなくすることができ、誹謗中傷の被害を減らすことができます。

悪い情報が見えなくなるだけでなく、良い情報がたくさんの人の目に触れるようになるため、企業であれば、売上増加などの効果も考えられますね。

 

2-2.NAVERまとめSEO

この施策もYahoo!知恵袋SEOと似ていますが、Yahoo!で特定のキーワードを検索した際にNAVERまとめ専用枠と呼ばれるものがあります。そこにフォックスエージェントが作成した記事を表示させるのがNAVERまとめSEOです。こちらも依頼者の希望に沿った記事を作成することができます。

 

2-3.サジェストワード・関連ワード 解除

特定のキーワードを検索した時に、検索入力欄にキーワードを入力すると、関連キーワードがその下に表示される機能をサジェストワードと呼びます。また、関連ワードは、検索したいキーワードと組み合わせてよく検索されているワードや関連性の高いワードを表示し、再検索をサポートする機能を指します。例えば、「○○ショップ」と検索した際に、「○○ショップ 店舗」といったものです。

この関連ワードが、「○○ショップ ブラック」と表示されてしまうと、○○ショップの印象が悪くなってしまう上、○○ショップがブラックだという誹謗中傷が書かれたページを消費者が閲覧する可能性が高くなります。

しかし、この関連ワードを、「○○ショップ 店舗」「○○ショップ 人気」と書き換えた場合、悪い印象を与えるワードが解除された上、良い印象を与えるページに注目が集まります。

このような施策がサジェストワード、関連ワードの解除です。

2

 

3.フォックスエージェントだけではない!その他の誹謗中傷の対策方法

先にフォックスエージェントが得意な誹謗中傷対策をお話ししましたが、実は他社でも同じ施策を行うことが可能です。

また、紹介した3つの施策以外にも効果的で一般的に評判の高い施策があります。ここでは、そのほかの施策についても話をしていきましょう。

 

「逆SEO」と呼ばれる施策は誹謗中傷対策の代表施策です。

Yahoo!知恵袋SEOと似ていますが、特定のキーワードの検索結果ページに悪い内容が含まれていた場合、たくさんの人の目に触れ、誹謗中傷が拡散してしまう可能性があります。このページの検索結果順位を押し下げる、というのが「逆SEO」という方法になります。具体的には、新しい良い内容が書かれた記事やサイトを制作します。この良い内容が書かれたページを検索結果の上位に表示させることで、悪い内容が書かれたページを検索結果の下位に表示させるように、検索面をコントロールするのです。

3-1

 

他にも、「誹謗中傷モニタリング(監視)サービス」も非常に引き合いの高い対策方法です。

毎日、誹謗中傷や風評被害がインターネット上で挙がっていないかをチェックし、モニタリング(監視)結果をレポートで報告してくれるのです。中には、その被害が見つかった際に、どのような対策をとるか(会見を開くのか、文書での謝罪を行うのかなど)をコンサルティングしてくれる会社もあります。

3-2

これらの方法はフォックスエージェントだけではなく、他の誹謗中傷対策を専門に扱う会社でも実施されています。数々の実績をもった専門業者もあるので、最初から依頼先をフォックスエージェントに絞るのではなく、よく調べて比較検討することをオススメします。

 

フォックスエージェントの評判はもちろん良いですが、他の専門業者にも並行して相談し、相見積もりをとってから依頼先を決めることをおすすめします。

 

4.誹謗中傷を放置するとこんな被害がある

誹謗中傷の対策についてどんなことができるのかお分かりいただけたと思います。最後に、誹謗中傷を解決させずにそのまま放置してしまうと、どのような被害があるのか具体例を紹介します。

 

4-1.個人に関するケース

まずは個人に関わる具体例をみてみましょう。他人事では済まされない内容がたくさんあります。

 

① 過去の逮捕暦や犯罪歴がインターネット上に暴露されてしまった!

・ 婚約者がいたが、相手の親がその内容を発見し、破談になった

・ 再就職しようと思ったら、面接で突っ込まれた

・ 部屋を借りようと不動産に行ったが、借りることができなかった

② ありもしない不倫の噂を流された

・ 職場でいじめにあった

・ 会社から解雇された

・ 離婚の原因となった

③ 有名な掲示板で叩かれた

・ 職場から解雇された

④ 個人情報を漏らされた

・ 知らない間に自分の写真が出回っている

・ 覚えのない荷物や連絡がくるようになった

 

これらが過去にあった具体例です。自身がこのような被害を受けたらと考えると、怖い限りです。誹謗中傷には、早めの解決が必須だと改めて感じます。

 

4-2.法人に関するケース

次に法人に関わる具体例をお話しします。

 

① 新規取引先の獲得が難しい

知らない間に会社の評価が悪くなっていた

② 採用への影響

会社のイメージが悪くなることで就職希望者が減り、採用損失が発生

③ 社員への影響

モチベーションが下がり、退職する人が増える

④ 売上損失

悪いイメージから購入・利用する消費者が減る

 

これらは法人にとってすごく大きな損害です。ただの誹謗中傷だと軽く考えずに早めに解決しましょう。

 

個人にとっても、法人にとっても、誹謗中傷の被害は大きいと認識しておくことが大切です。

 

 

5.まとめ

最後にこれまでの話をまとめます。

フォックスエージェントはインターネットのプロモーション全般を扱う企業であるため、ネットの誹謗中傷対策において様々な施策を提案/実施をしてくれます。また、成果報酬型で依頼者が安心する請求方法などを考えても、評判が良いと言えます。

しかし、誹謗中傷対策を扱う会社はフォックスエージェントだけではありません。誹謗中傷に悩んだら、最初からフォックスエージェントと決めてしまうのではなく、他の専門業者にも相談し、相見積もりをとってから判断するのがおすすめです。

相談だけであれば、費用が発生しない専門業者はたくさんあります。ご自身が納得する内容・金額で解決できるようご参考ください。

 

 

728x250